中国語を習得する秘訣

「だろう」は捨てた方がいい

冒頭から偉そうなことを発言してすみませんが、貴方はこんなことを考えていませんか?
「私たちは日本人だから、同じ漢字を使う中国語は紙に書けばなんとかなるだろう」
確かに、そのようなこともあります。漢字に慣れている日本人は欧米人に比べて習得が早いと言われています。
しかし、その“なんとかなるだろう”や“これでいいだろう”に落とし穴があると思います。そこにはまると中級止まりになってしまうかもしれません。

日本語と中国語は共通することが多いがゆえに、「そういう意味だろうな」と勝手に解釈してしまうことがあります。そこは、我々は注意が必要です。

逆の立場もあるそうです!日本語教育関係者から聞いたところ、台湾人や中国人より欧米人の方が、日本語の発音が綺麗であるという統計が出ているそうです。それは、台湾人や中国人は、「その漢字知っているよ」と早合点してしまいます。例え発音が悪くても欧米人より早く使えてしまいます。日本人は台湾人や中国人の発音がおかしいからと言って、会話を止めて正しい日本語を教えることはしませんよね。そうすると「あ、これでいいんだな!」と思ってしまうそうです。その点欧米人の方が慎重になり、発音も確認しているから、正しく日本語が身に付くことが多いそうです。確かにそんな気がします。日本では、中華系の人が最も多いですが、発音を聞いてこの人中国人だなと聞き分けられることがあります。欧米人は少数ですが、話せる人はとても綺麗な日本語を使っていると思います。

つまり「こうだろう」で話すよりは、確信がない時は、意味を調べたり、発音を調べた方がいいです。繁体字なら注音、簡体字ならピンイン、それと四声音をまで調べることをお勧めします。もしくは、直接台湾人や中国人に聞いてしまうかですね。

私が中国留学での勉強中に一番行ったことは、電子辞書で単語の意味やピンイン、四声を調べるということだったと思います。覚えが悪かったので、一つの単語に5回以上調べたこともありました。「あー、これ前も調べたことあったな」と思い教科書に書き込んでいました。最初の頃は、留学してもやることはこういうことなんだと思いながら、その面白みのない作業をこなしていました。

喵咪喵咪

中国語勉強のあるあるネタ
【分からない中国語を辞書で調べた時】
「あー!この単語、日本語と同じじゃん!
俺、日本語も忘れちゃったのか!?」

発音記号の重要性

私は英語を流暢に話す中国人からこんなことを聞きました。彼は英語の勉強の開始1~2カ月間、徹底的に英語の発音記号を訓練したそうです。その1年後には英語圏の外国人と英語で話せるようになったとのこと。「1年で本当にしゃべれるようになったのか!?」と最初は思いました。

その中国人によると、発音記号の訓練は、後々、自分が比較的正しい英語を話せるようになるだけではなく、リスニング能力も格段上がったとのことです。自分が正しい発音の英語がしゃべれないのに、その英語は聞き取れないという訳です。「なるほど、そうなんだ」と素直に思いました。

また中国留学中、こんな光景を何度も見ました。10~30人程の大学生達は早朝に川沿いや公園で一斉に英語の音読をしていました。場所を移動すれば同じように10~30人程の大学生達が日本語の音読をしています。音読というより、怒鳴る程の大きな声でした。1時間程の音読が終わってから朝食を食べていました。それをほぼ毎日していたと思います。正直、日本の大学生はここまでしませんよね。1年でしゃべれるようになったというのも満更嘘ではないと感じています。

その後、筆者は30歳過ぎから英語の勉強を開始し、働きながら約2年間で英検2級を合格しました。その発音記号を意識したおかげで、二次試験の面接も自信を持って英文を読めました。毎回リーディングは5点中、5点でした。

いちいち発音記号を書くのなんて面倒だと思われるかもしれませんが、教科書を開いて勉強する時間なんて限られているので、その時間は最善を尽くした方がいいと思います。また、それだけでも時間を取られてしまうと思うかも知れませんが、後々自分に返ってくる利益の方が大きいです。

発音記号を書いたなら時間があれば音読してみてください。音源があれば、最初は音源を聞きながらやりました。その内、音源が遅く感じられるようになると思います。そうしたら自分だけで読むようにしました。私は人通りが少ない川近くにある公園で大きな声で読んだりもしました。そうすることは、正しい発音を身に付ける方法の一つだと思います。

私が英検で使用した教材は、「でる順パス単2級」と過去問1~2冊のみです。4級、3級、準2級も同じ要領で勉強をしました。ご参考に発音記号を記載した教材を載せておきます。(中国語の教科書もピンインだらけだったと思います。残念ですがその教科書は捨ててしまって今はお見せできません。)

中国語の勉強に関しては便利になっていて、Web上で中国語を入力すれば、注音やピンインを出してくれるサイトもあります。

中国語は、四声音もしっかりマスターした方がいいです。四声が違うだけで意味が変わってしまう中国語はたくさんあります。私はピンインは分かっていても、四声が確信持てない場合は、それだけを辞書で調べました。中級以上になると明らかに知っている漢字のピンインのローマ字部分は書いませんでしたが、ほとんどに四声音を記載し、音読の練習をするようにしていました。それと同時に外国語ドラマを見たり、実際に外国人と話す時間をより増やすようにしていました。

外国語習得はスポーツと同じ感覚、かつ、自分が主役になる

余談ですが、私は、頭は良くないです(顔も良くないです)。むしろ愚か者であると自覚しています。
私が卒業した高校の現在の偏差値は41です。当時は40なかったと思います。そこを何とか合格できた程です。
思い出話をすると、当時の高校入学式に私は30分以上遅刻して入学式の会場に入りました。そこで驚愕しました。新入生以外の8割以上は茶髪で、新入生を歓迎するどころか新入生に罵声を浴びせたり、指を指しながら馬鹿笑いしたりしているのです。それとは別に、新入生に全く興味示さず同級生とじゃれあったり、悪ふざけをしながら奇声を上げている人もいました。恐ろしいなと思いながら、自分の学力では県立のここに来られたから、良しとするかと言い聞かせました。
また、私より遅刻してきた新入生が20人以上いるのを見て、「あいつら俺より遅刻しながら入学式に来ている、何て愚かな学生だ!」と、それとほぼ変わらない愚かな私は、なぜか優越感を感じていました。当時の私は不良ではないのですが、やる気がなかったのだと思います。一歩間違えれば引きこもりでした。
また、高校卒業半年前、大学に行きたいと担任に談したところ、当たり前のように「そんな大学は一つもない」と言われてしまいました。
しかし、私は20代後半に通信大学を卒業しています。通信大学は本当に有難かったです。普通の大学より入学しやすく、卒業もしやすい。そこで学士を取得していなかったら留学とか、海外で働くことはできていませんでした。

上述で分かるよう私は愚か者です。しかし新HSK6級や英検2級を合格できたのは自信になりました。

それと同時に外国語習得は頭の良さではなく、どちらかというとスポーツに似ていると思いました。

例えば上手い人の技術を真似ることです。サッカーでは上手い選手のフェインントを真似して実際に試合で使ってみます。語学では教師や友人から教わったことやドラマ等で使われた言葉をそのまま誰かに使ってみたりします。

違う例えでは、サッカーの試合中にドリブルばかりして、相手にパスをしない選手は、他の選手よりドリブルが上手くなるはずです。語学上達が早い人は、外国人と話す時間が、他の人より長いはずです。

スポーツにしろ、語学にしろ、実践の中で相手ともまれながら成長していくのです。外国語を上達させたいなら、場の空気を読む必要はなく、間違っても誰かと話していくこと、そして自分の意見を主張していく方がいいのです。血液型ではいわゆるB型タイプです。元々引っ込み思案で几帳面、繊細なA型の私も、あえてB型タイプに切り替えていました。

「上手くしゃべれなかったら恥ずかしくて嫌」、「下手だと周りから見下されそう」、そのように思いますか。逆に恥をかいた方がいいのです。恥をかいた時の方が記憶に残ります。その時、どのように話していれば良かったのか考えるようになります。次回は言えるよう勉強をするのです。頭がいい人でない場合は、「その恥をかいた感情を利用して自分を伸ばす」、言い換えれば「その恥をばねにして頑張れる位の精神力を持つ」ことはどうしても必要です。恥をかいたと思っている貴方はそれを長い間忘れませんが、何でもない顔をしていれば周りの人はほとんどすぐ忘れます。

語学もスポーツも実際にやってみてその中から相手に通じる方法を探していくのです。何度も何度も場数を踏んでいけば、向上は早いです。

その最高の方法は現地語しか話せない恋人を作ってしまうことです。留学経験がある方は気付いていると思います。現地で恋人を作った留学生は言語習得が早いということを。それを目的だけで作ることは人としてお勧めしませんが、そこに愛が生まれたなら問題ないと思います。そうなるとスポーツで例えると毎日昼夜問わず試合をしているわけです。短い時間でも経験値が高くなります。逆に日本で外国人の恋人を作れば同じようになるかもしれません。しかし、日本にいるということはある程度日本語を話せてしまう外国人が多いと思いますので、難しい気がします。

私も1年間中国で仕事をしていた時には中国人女性とお付き合いしたことがあります。その時に色々と中国語を吸収できたと実感しています。恋愛は、人間の本能・欲求が一つ満たされるわけですから、精神的にも安定して、集中力が増すのではないかと思います。そういう状況でも「この人から中国語を少しでも吸収しよう」という意識は必要です。

外国語は“反論”で鍛えられる

さて、私が考える頭のいい人とは、いわゆる理数系が得意な人です。難問な数学の答えを見つけ出していける人は凄いですね。
私なんか連立不凍式あたりからもう…
文系でも突然スピーチをしてみろと言われても、論理立ててスラスラ自分の意見を言える人がいますよね。こういう人たちは本当に頭がいい人だと思います。

私が中国留学中に見分できた中の一つに、中国人だけのクラスかゼミみたいな何かの討論会がありました。そこでは、一人の大学生が大勢の同級生の前で自分の意見を発表します。周りから「そうじゃないだろ」みたいな意見も言われていました。そして反論をして口論になるのです。口論に負けたら(本人は負けたとは思っていない)、また自分の意見を書き換えたりし、再度発表します。それを見て日本と別世界だと思いました。

皆様も外国人、特に中国人は自己主張が強いと感じませんか。うざったいと思う時もありますが、そのプロセスが自然に身についているのが凄いなと思います。上手には説明できませんが、外国語習得に関しては、その方がいいのだと思います。私が外国語を話す時は、何かに反論する感覚と似ているのです。何て言えば相手に一番分かりやすく説明できるだろうか、相手を納得させられるだろうか、言葉を選んで話しているのです。ちょうど何かに反論するかのように。

状況をはっきり説明できなければ、損することがあるので“反論”と認識しているだけかもしれません。ただ、“同調”する場合は、「えー、そうですね」のような言葉しか使いませんよね。それよりは、“反論”で自分の意見を考え出し、話した方が圧倒的に脳の作業量は多いのです。初級の頃は、その場で完璧な反論は出来なくても大丈夫です。負けたら悔しい気持ちだけ持ち帰ってください。そして、何て言ってたら、相手に勝てたか思い返してください。そして、それを自分なりに中国語に書き表して、台湾人や中国人に表現方法が間違っていないか確認してもらい、正しいものに添削してもらいます。(恥をかいた時も同じ要領です!)それが理論的に相手を打ち負かせるかどうかは別として、その表現は貴方の宝になるはずです。

口論中、こちらが反論すれば相手も大概は自分に納得させようと反論してきます。それも自分にとって中国語を上達させるチャンスですね!そこで相手に再び耳を傾けるので、その分リスニング力が上がったります。“反論”する程でもない場合は、相手が飽きるまで質問攻めにすることが、それに近い効果があるかもしれません。(質問したら聞き流したり、適当に回答する中国人も結構いましたので、口論よりは間違いなく効果が落ちます。)知らない単語があれば聞き返せば相手も自分に納得させたいので、分かりやすく説明してくれます。辞書で調べてもいいです。そうして知識が増えていくのです。実際の“反論”は、机上の学習より記憶に残りやすいのです。

なぜ反論がいいのか、別の視点からも申し上げます。皆様は誰かと意見の違いを熱く言い争ったことがありますか。そのような経験がある人は、その時のことをかなり鮮明に思い返せませんか?双方が反論している時は集中力がとても高くなっているんですね。覚えようとしなくても記憶に残るんですよ。実際の喧嘩になってしまってうことは許されません!感情に流されるようなことは絶対にしないでください。反論と喧嘩は違います!

外国語を上達させたいなら、外国人と話す時は周りと同調することより、あえて自分の我を通してください。批判されたらチャンス!反論をするのです。それで相手の時間を奪おうが、貴方は自分の意見を相手に伝えるべきなのです。上手い人は笑顔で紳士に振舞いながら反論をしています。それでいて、出来る限り双方が笑顔で別れるよう努めているはずです。

度が過ぎると周りからたたかれますが、少し図々しい位が自分の人生を生きていくにはいいのかもしれませんね。日本も自分の意見を主張できる訓練をもっと教育機関が実施するべきだと言う著名人もいます。それについては同感します。

偉そうなことを書いてきましたが、英語も中国語もまだまだ下手な私です。時間があれば勉強を再開したいです!ある医学博士の論文では、外国語を習得している人は高齢になっても認知症になりづらいそうです。たとえ優れたAI翻訳機が普及しても語学習得していた方がいいかもしれませんね。また、たまには外国語の歌も歌いたい時がありますよね。その時に、まさかAI翻訳機に歌わせることはしないでしょう。語学習得は自分の人生を有意義なものに変えていく一つだと私は考えています。

この記事をご覧になって同感してくださった人がいれば幸いです!