tAiwanドマチック【in台中】

台中市について

台中市は台湾中西部に位置します。結構高層ビルも多く、大小様々な店舗もあり、産業としとして栄えています。バスに乗り1時間未満で自然豊かな山間部へも行くことができます。温泉もあり、私が住んでみたい街の一つです。福原愛ちゃんも台中にご自宅があるそうです。

台湾の総人口は約2358万人、台中市の人口は約277万人です。台湾の中では2番目に人口が多いです。比較的裕福な方が多いそうです。

台湾の総面積は約35,980平方キロメートル、台中市の面積は約2,214平方キロメートルです。台湾の中では、6番目に面積が広いです。

四季を通して台湾の中でも比較的過ごしやすい天気や気候であり、小中学生のスポーツの夏季合宿等の候補地になるそうです。

台中より南に進むと台南があります。台南だと夏は非常に暑いです。台中だとその暑さが緩和されます。台中の方が過ごしやすいと台南の方は言います。

冬の台北は頻繁に雨が降りますが、台中は天気がいい日が多いそうです。

台中は交通が便利で、高鐵(台湾高速鉄道)に乗れば台北駅~新鳥日駅(台中市)間は1時間程で到着できます。左營駅(高雄市)~新鳥日駅(台中市)間も1時間程で到着できます。

台湾鉄道の台中駅は新しく改築されたばかりで、とても綺麗でした。建築構造も近未来的で歩いていて気持ちいです。また、面白いモニュメントも多くあり、それらを見学しても台湾のユニークさが分かると思います。それ以外にも携帯電話やパソコンの充電場所を無料で利用できるスペースもありました。

台湾鉄道の台中駅前は、とても広く辺りを見渡せます。ギターを持って引き語りをする人、笛のような楽器を持って演奏する人、簡易型カラオケ機器を持って来て歌を歌う人等いらっしゃいました。開放的で自由な場所となっているようです。

私が二日間、台中にいた感想は、思ったよりアジア人が多いということです。下のYouTube動画の中には、画面左側に「國光客運臺中車站」という高速バスターミナルが映ります。その付近は、ベトナムやフィリピン、タイ人が経営するお店がたくさんありました。駅前でもそういう方たちが多くいました。それぞれのお国の方は、自国で働くより、台湾で働いた方がお金がいいから、台湾に来ているそうです。フィリピンやタイは、それほど大きな差はなくなっているみたいですが、特にベトナムは物価が大きく違うみたいです。でも今後のアジアは経済格差が縮まっていくだろうと言われています。(日本だと経済格差が広がっていると思いますが、世界的にみたら経済格差は縮小しているそうですね。今後、日本人だからという特権はなくなると著名人が言っていたのを思い出されます。)

台湾の若者から日本人へのメッセージ

空いた時間を利用し、台湾鉄道の台中駅前で、台湾人と交流してみました。
そして、台湾人の若者が日本人にメッセージを送ってくれました。
心温まる映像!台湾に行きたくなること間違いなし!