大人気の黒糖タピオカミルクティー【台南】

台南で超有名な「東洲黑糖奶舖」の黒糖タピオカミルクティー

台湾鉄道の台南駅から徒歩15分程のところに、台南現地の方がとても好んで飲む黒糖タピオカミルクティー専門店があります。このページ下部にある、YouTube動画のように休日はいつも行列ができる状態です。しかし、平日でも込んでいることをよく見かけます。それでも、休日であれば10分程、平日であれば5分程待てば買えると思います。

黒糖タピオカミルクティーに限らず、抹茶や台湾茶=レモンなどの種類もあります。どれも美味しいですが、最もお勧めするのは「黑蛋奶(大顆珍珠)=黒糖タピオカミルクティー」です。ほとんどの人がこれを買われています。お店がちょうど交差点の近くにあることから、この味を求めて車でやってきた方が停車中に軽い渋滞が起こることさえあります。混む時間には、誘導員みたいな方が軽い交通整理みたいなことをしています。それでも事故に巻き込まれないよう、行く場合には十分に気を付けてください。

喵咪喵咪

ちなみに、その店脇の交差点は、大雨が降った2018年6月に道路が陥没して、四名の負傷者が出ました。現在は、修復されていますので安全です。

注文する時には、甘さと氷の量が聞かれると思います。甘さは最も甘いものから、糖なしの5種類程に分けられます。ダイエットを考えて、甘さを抑えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ここでは糖尿病等で血糖をコントロールする方ではないかぎり、一番売れている最も甘いものを選んでみてください。私が飲んだ限りでは、これが最もおいしいです!この黒糖の甘さとタピオカ、新鮮な牛乳、紅茶、秘伝の何かがミックスされ、絶妙な味を醸し出すのです。

甘さの他に冷たさ(氷の量)も聞かれますので、こちらはお好みにお任せします。
お腹が冷えやすい人は少なめとか、暑ければ多めとかでいいと思います。
氷が多いのと全く氷がないのでは、味が変わってしまうのかと思いましたが、それぞれの味がほぼ均一になるよう、調整してくれているみたいです。
甘さも氷の量も他のページに記載してありますので、ご参考にしてみてください。
「甘さ」と「氷の量」を聞かれたときの答え方

また下記の写真のように黑蛋奶(大顆珍珠)と黑珍奶(小顆珍珠)があります。これはタピオカの大きさが違うだけです。黑蛋奶(大顆珍珠)の方が、大きい分食べ応えがあります。黑珍奶(小顆珍珠)は、タピオカの大きさが黑蛋奶(大顆珍珠)の半分~1/3程です。これも好みによりますが、私は黑蛋奶(大顆珍珠)をお勧めします。

黑蛋奶(大顆珍珠)の方が全体のバランスがとれていて、飲み終わるころに、ちょうどタピオカも食べ終わる“ちょうどいい”を感じることができました。

最上部の写真や動画でも分かるように、黒糖の成分と新鮮な牛乳が混じり合う様子がとても美しいです。飲欲(食欲とは言うが、「いんよく」とは言わないかぁ)が湧いてきます。黒糖と牛乳が本当に濃厚です!

聞くところによると、他の日本人を含む外国人もたまに来るそうです。まあ、近くには台湾で3本の指に入る程の超有名な「国立成功大学」があり、留学生も以前と比べ増えてきているそうなので、外国人が買いに来ても何ら不思議はないですね。

このお店の名称は「東洲黑糖奶舖」、2006年に創業されました。黒糖飲料店としては、台湾第一号店です。下記にお店の住所等を記載しました。もしタクシーで行く場合は、タクシー運転手にこれらを見せれば到着できるはずです。

「東洲黑糖奶舖」
住所:台南市東區東寧路122號(東寧路長榮路附近)
電話:0915-755776
營業時間:07:00-22:30
東洲黑糖奶舖Facebookページ

地図も埋め込んでおきましたのでご参考にしてください。

お店の許可をもらい作成しているところを撮らしてもらいました。台湾の美人店員が日本人向けにメッセージを送ってくださりました!