台湾の田舎

台湾の田舎でも大学周辺や人が多く住んでいる場所には、困らないほどの生活水準は十分にあります。映画館やスターバックスコーヒー、マクドナルド、コンビニもあります。ベンツやトヨタ、日産などの車も多く走っています。原付も多いことは台北と変わりません。それでいて、台南や高雄などは台北の人より温かい人が多いと言われています。


台北よりも物価や賃貸等は1割~3割安くなるそうです。食べものも田舎の方がもちらん安く、その上量も多い感じがします。衛生面では台北より劣る飲食店もあるため、もしかしたら下痢になってしまう日本人もいるかもしれません。ただ中国と比べれば衛生的であると思われます。

筆者が、初めて中国の四川に行ったときには丸々二週間は下痢に悩まされました。飲み水として使うポットの中にゴキブリが入っていたりもしました!台湾ではゴキブリは見かけますが、そのようなことはまずないと思います。

台南などは観光地も多く、一か月間位は台南に滞在してみるのも面白いと思います。古い建物以外に綺麗な海を眺めることもできます。平日に行けばほとんど人がいない場合もあります。

觀夕平台(台南の夕焼け公園)

台南は台湾のあらゆる食べ物があり、食事の種類も豊富にあります。ただ、味付けは台北より甘いものが多いです。

街の中では、飼い主がいない犬もいます。地域住民で餌をあげていたり、大学の広い敷地に住み着いている犬もいます。ワクチンも心ある人により打たれているそうです。ただ、それでも我々は注意した方がいいかもしれません。

台湾人は犬や猫を心より愛していると思われます。喫茶店にいても、外の席において、服を着せられた犬が座席に座って一緒にくつろいでいる光景を見ることがあります。

また猫はお店の看板娘になっていることもあります。人通りの多い歩道にケージが置かれており、その中に猫が爆睡しているなんてことも良く見かけます。猫ちゃんも慣れているんでしょう。触れられても起きない猫もいます。それらの猫を見かけるたびに心がウルッとしますね!