台湾のクリスマスの過ごし方

台湾でのクリスマス事情はどうなっているのでしょうか?
小さいお子様を持つ家庭では、一家団欒して、「今年も2018年は終わりだね。これからもっと寒くなってくるから防寒に気をつけよう。」などの会話を皮切りにクリスマスケーキを食べていくそうです。お子様にはおもちゃを買い与えることもします。このように過ごし方のスタイルは欧米と同じですね。

台湾の南の方では、このクリスマスを境に冷え込んでいくと言われていて、防寒を改めて意識するそうです。2018年12月24日現在、台南にいる私は、昼は半袖1枚、夜はトレーナを着る程度でした。

日本や欧米では、一年の終わりと言ったら12月末になります。しかし、台湾では旧正月の1月下旬~2月上旬辺りを指すそうです。(旧正月は決まった日にちはなく、毎年変動します。)

台湾の若者のクリスマスはどうなっているのでしょうか?
比較的都会な若者はイルミネーションが綺麗な場所がとても人気があります。私の友人は、クリスマスに恋人と横浜のみなとみらいで過ごすため来日したそうです。日本のイルミネーションはとても綺麗だと言っています。

クリスマスを過ごす人気の場所はどこでしょうか?
台湾人の20代大学生に聞いてみました。次に挙げるものは、とても有名で、クリスマスに恋人と行ってみたい場所上位に入るそうです。
心之芳庭
デートコースの聖地である心之芳庭!女性に人気のケーキや飲み物などもあり、長時間いたくなる場所です。クリスマスシーズンには更に人気上昇するのは、全ての敷地内がクリスマス用に装飾されるためです。
2018年開催期間:2018/11/24~12/31
住所:台中市北屯區民政里芳庭路1號(緊鄰國際高爾夫球場)
http://www.moncoeur.com.tw

新北市歡樂耶誕城
2018年は12月15日、16日の2日間に巨星耶誕演唱會(音楽コンサート)も開かれ、有名な歌手も来ていました。私の好きな台湾歌手の蔡依林も来ていたそうです。行けばよかった😹
今年は47日間の開催中に600万人以上が訪れたそうです。台湾国内だけでなく、海外からのツアーもある人気ぶり。日本からは阪急交通社からツアーがあったそうです。来年以降に機会があればツアーを利用し、クリスマスを台湾で過ごすのもいいかもしれませんね。本当に派手で楽しく過ごせるイベントも多くあります。開催場所が広く1日かけないとゆっくり見られないです。
2018年開催期間:2018/11/16~2019/01/01
住所:捷運(MRT)板南線板橋駅近く、高速鉄道板橋駅近く、台湾鉄道板橋駅近く
https://christmasland.ntpc.gov.tw

クリスマスの街はどうなっているのでしょうか?
12月24日はクリスマスイブ、台湾におていも街の中では、クリスマス用の装飾をされている店舗をよく見かけます。
コーヒー屋さんに行けば、日本と同じように、「マライア・キャリーの“恋人たちのクリスマス”」や「ジョンレノンの“Happy Xmas ”」、「Wham!の“Last Christmas”」が流れています。クリスマスケーキも販売しています。
ただ日本と違うのはより、派手にクリスマスを彩るところです。それもみんな楽しんでいますね。それは他の人もとても幸せな気分にさせてくれます。台湾はキリスト教信仰者も多く、街の中では教会を良く見かけます。クリスマス以外でもネオン装飾されていますが、クリスマスシーズンだと更に派手になっています。

Web掲載することについて本人の許可を得ています。
身体にマジックでクリスマスを彩ったとても可愛い店員

猫ちゃんサンタ💛